丸田シェフがお届けする、ル・タブリエの最新情報。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

IMGP0212_convert_20101127073317.jpg

ドメーヌ・ド・レグリーズ1996が出たので、少しいただきました。

エグリーズ<聖堂>と言う名の付くワインです。

ポムロールらしい柔らかさと果実味、カシスやトリュフ、シガーといった複雑なブーケが絡み合い、エレガントでまさに飲み頃といった味でした。

さて、話は変わりますが、嬉しい知らせがありました。

以前、このブログでも紹介した、恵比寿のフレンチレストランエミュが、ミシュラン東京2011で、みごと一つ星に輝きました。

オープン半年もたたないうちに一つ星を獲得したことは、快挙といってよいでしょう。
私としても非常に嬉しい限りです。

シェフの笹島君は、今を去ること18年前、ル・タブリ エオープン時に入社、以来、約6年間仕事に対する真摯な姿勢と誠実な人柄で、副料理長として店を支えてくれました。

その後、フランスで勉強したいという彼の相談を受け、パリ在住の私の先輩、七海氏(当時メゾン・ド・ラメリックの総料理長、現在はパリ11区でセッテンというレストランのオーナーシェフをしておられます。また、都内のレストラン レジャンスやホテル西洋銀座などでもシェフを歴任されてます。)を紹介して渡仏しました。

その後、現サンドランス、タイユヴァン等の名だたる星付きレストランで修業をかさね、帰国後は飯田橋のアグネスホテルの料理長を経て、今年6月恵比寿に念願のレストランをオープンしました。

私も先日食事をしてきましたが、料理のクゥオリテイとコストパフォーマンスの高さに驚きました。

今後も益々の活躍と発展をお祈りします。

笹島君おめでとう。
スポンサーサイト
ご予約専用フォームはこちらから

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。